【ハーレーの名車・歴史】1907Model 3

ハーレーの名車と歴史

1907Model 3

前のページへ

次のページへ

1907年はハーレーダビッドソン躍進の年に

モデル1から少し変更されただけで、モデル2は1906年に導入されました。大きな変化としては、工場スペースの問題が速やかに解決されるべき問題になっていたので、ワークショップと組み立て、工程を分けたことが挙げられます。1907年、最初の会社設立と、それに伴う株式上場によって会社の拡大は続きました。集められた追加資金はより大きな二階建ての建物と、スタッフを3倍にするために費やされました。これらの努力は、その年150台のモデル3を組み立てることを可能にします。1907年に投入されたモデル3には小規模な改良しか施されませんでしたが、より大きな変更がその後すぐに実行されることになっていました。ハーレーダビッドソン社がより多くのバイクを生産したことで、未熟だった会社がきちんと形になり始めたことによって、より大きなスペースと資金が投入されました。一度売れ始めるとハーレーダビッドソンのバイクの人気は加速していき、様々な顧客に対応するためにさらに技術が進歩していきました。

ハーレーダビッドソン・1907Model

1907年はまだベルトドライブを採用していました。ベルトの材質に革を使用していて濡れるとスリップしやすい機構でした。

年式
1907年
モデル
Model 3
エンジン
シングルシリンダー 26.84 cubic inch

前のページへ

次のページへ

スポンサードリンク

ページの先頭へ



サイト内を検索する