【ハーレーの名車・歴史】1915Model 11F

ハーレーの名車と歴史

1915Model 11F

前のページへ

次のページへ

2段変速のトランスミッションは乗り味と使い勝手に軽快さを加えた

ハーレーダビッドソン・1915Model 11F1915年のモデル11は、11馬力を誇った2気筒エンジンとともに、3段変速ギアボックスが装備されました。ベースになった11Eは元々2段変速ギアボックスを備えていましたが、ここで紹介している11Fは、エンジンの後側に新しくマウントされたケースの中に3速ギアがセットされていました。この3速ギアは、よりスムーズな走行性能を生み出しました。この時代のハーレーダビッドソンのラインナップの中では、電気照明がいくつかのモデルに装備されていましたが、この11Fはまだアセチレンランプ照明のままでした。ハンドルに取り付けられた円筒形のタンクはアセチレンランプ用の燃料が入っており、必要な時にライトに供給されました。275ドルという低価格で販売された11Fは、10,000人近いライダーたちによって路上へと乗り出され、その年のハーレーダビッドソンの中で最も人気の高いモデルになりました。

シングルシリンダーとツインシリンダーが選べましたが、ほとんどがツインシリンダーを選択しました。ツインシリンダーは60キュービックインチ以上ありました。

1915Model 11F・アセチレンランプ用タンク

1915Model 11F・エンジン

年式
1915年
モデル
11F
エンジン
ツインシリンダー 60.34 cubic inch

前のページへ

次のページへ

スポンサードリンク

ページの先頭へ



サイト内を検索する