【ハーレーの名車・歴史】1920Model 20J

ハーレーの名車と歴史

1920Model 20J

前のページへ

次のページへ

機械としての確実な進化を印象付けたモデル

ハーレーダビッドソン・1920Model 20J1918年に戦争が終わったとき、第一次世界大戦の問のハーレーダビッドソンの継続的な努力は会社を強くしていました。1920年、ハーレーとその他のバイクメーカーは再び一般向けのバイクの生産に目を向けます。その時、ハーレーダビッドソン社は、技術面やその他の様々な部分で他社よりも一歩リードしているということに気が付きました。ハーレーの1920年モデルは多くの小さな変更が行なわれ、その変更のほとんどはエンジンの内部に行なわれました。新しいシリンダーのキャスティングは、エンジンの周りをスムーズにするために導入され、新しいキャスティングは、圧縮プレートがそれぞれのシリンダーに同じように入るようになっていました。工場の規模も542,000平方フィートに拡大し、アメリカ国内で最も大きなバイクの製造施設となりました。ハーレーのライバルであったインディアンモーターサイクルの工場は520,000平方フィートで、これはハーレーダビッドソンがインディアンに勝利するという未来を暗示してました。

1920年に14000台製造された20Jは、ハーレーダビッドソンの多くある車種の中でも飛びぬけて人気のあったモデルです。

1920Model 20J・前

1920Model 20J・後

年式
1920年
モデル
20J
エンジン
ツインシリンダー 60.34 cubic inch

前のページへ

次のページへ

スポンサードリンク

ページの先頭へ



サイト内を検索する