【ハーレーの名車・歴史】1926Model 26B

ハーレーの名車と歴史

1926Model 26B

前のページへ

次のページへ

低価格で提供された単気筒エンジンのモデル

ハーレーダビッドソンは市場での力を回復するために努力を続けました。そして1926年に、単気筒エンジンを搭載した新しい数種類のモデルを低価格で提供しました。新しいカラーが全てのラインナップに用意されましたが、ほとんどの顧客はその色を選ぶことはありませんでした。26Bは21.35キュービックインチのシグルシリンダーエンジンを搭載し、3段変速のギアボックスが組み合わせられています。エンジンは小排気量ですが、新形状のタンクのおかげで、スタイルには風格がありました。26Bは電気式の照明を備え、ハンドルバーに取り付けられる小さな四角いパネルを開けるのに2本の鍵が必要でした。また、顧客を増やすために、26Bは同じ年のツインシリンダーエンジン搭載モデルよりも100ドルも安く販売されました。また、燃費が良いにも関わらず60マイル近い速度が出たので、普段乗り用として適していました。

ハーレーダビッドソン・1926Model 26B

シングルシリンダーエンジンは21.35キュービックインチの排気量しかありませんでしたが、3段変速のギアボックスが組み合わされました。

年式
1926年
モデル
26B
エンジン
シングルシリンダー 21.35 cubic inch

前のページへ

次のページへ

スポンサードリンク

ページの先頭へ



サイト内を検索する