【ハーレーの名車・歴史】1934Model 34VLD

ハーレーの名車と歴史

1934Model 34VLD

前のページへ

次のページへ

美しいタンクのグラフィックが特徴

跳ね上がったタンクグラフィック1934年モデルにおける変更点は最小限でしかありませんでした。しかしモデルイヤーが延長されたことで、ハーレーダビッドソンはいくらかではあるが売り上げを伸ばしました。これは地味でありふれた手段ではでしたが、いくつかの細かい変更によって、1933年にはたった4,000台だった販売数を10,000台まで押し上げました。さらに強化されたフレームとフォークは、1934年モデルの前後のフェンダーは跳ね上がった形状に変更することを可能にし、これまでで最も上品なハーレーを作り出しました。新しいエアフローテールライトが、新形状のリアフェンダーに取り付けられ、スタイリングに新しいテイストをもたらしました。跳ね上がったタンクグラフィックは、不況で販売台数が落ち続けた時代の特徴でした。1934年に製造されたハーレーダビッドソンの全てのモデルの中で、34VLDは4,500台製造され、最も支持されたモデルでした。

ハーレーダビッドソン・1934Model 34VLD

一般向けに販売されたVLDは、74キュービックインチのハイコンプレッションVツインエンジンが搭載され、ツートンのペイントが多く販売されました。

年式
1934年
モデル
34VLD
エンジン
ツインシリンダー 74 cubic inch

前のページへ

次のページへ

スポンサードリンク

ページの先頭へ



サイト内を検索する