【ハーレーの名車・歴史】1937 UHL

ハーレーの名車と歴史

1937 UHL

前のページへ

次のページへ

サイドバルブエンジンを継続したシリーズ

ハーレーの新しいオーバーヘッドバルブエンジンを認めないユーザーたちのために、サイドバルブエンジンを搭載したシリーズもナックルヘッドと併売されました。ULHは80キュービックインチのハイコンプレッションエンジンと、4段変速ギアボックスが特徴でした。ELモデルと各部分を共有していたULHは、多種多様なアクセサリーを地元のディーラーで簡単に取り付けることができました。この大排気量のサイドバルブモデルは、ELの販売台数に惜しくも数100台届かず、その年のセカンドベストセラーモデルになりました。ELとの価格の差は20ドル程度ありましたが、これは新しく高性能なオーバーヘッドバルブエンジンが登場しても、相変わらずサイドバルブエンジンにも人気があることを証明していました。

ハーレーダビッドソン・1937 UHL

新しいELモデルが最も注目を浴びましたが、ハーレーはこの1937年式UHLのようにフラットヘッドを搭載したモデルも販売を続けました。

年式
1936年
モデル
UHL
エンジン
ツインシリンダー 80 cubic inch

前のページへ

次のページへ

スポンサードリンク

ページの先頭へ



サイト内を検索する