【ハーレーの名車・歴史】1942 WLA

ハーレーの名車と歴史

1942 WLA

前のページへ

次のページへ

第二次世界大戦で使用された軍用モデル

1942 WLA・タンク第二次世界大戦による軍需の拡大によって、1942年は一般モデルと軍用モデルが混ぜて作られ、軍用モデルの方に生産力は向けられました。1941年モデルの多くはカタログから外され、ほんの少しの種類しか残されませんでした。政府との契約に基づいて、戦争への協力のために3種類のモデルが作られました。WLAはその中でも最も多くの台数が作られたモデルでした。軍用にだけ販売された45キュービックインチのサイドバルブエンジンは、3段変速のギアボックスが組み合わされました。そしてこのWLAは戦場と、基地で使用されます。WLAは第二次世界大戦で使用された後、兵役を終えて家に帰る兵士達がその余剰分を買って一般的に使用しました。こうして数多くのWLAは民間へと流用されることになりました。

ハーレーダビッドソン・1942 WLA

戦場で使用される際に、WLAは様々な種類の武器を運び、広い収納を持っていました。兵士達の必要とした条件を満たしたモデルでした。

年式
1942年
モデル
WLA
エンジン
ツインシリンダー 45 cubic inch

前のページへ

次のページへ

スポンサードリンク

ページの先頭へ



サイト内を検索する