【ハーレーの名車・歴史】1948 S-125

ハーレーの名車と歴史

1948S-125

前のページへ

次のページへ

ビッグバイクを好まないユーザーに向けて発表されたモデル

1948年のもうひとつの新型は、ハーレーダビッドソンでは初の2サイクル車である小排気量のS-125でした。ハーレーは新たなユーザーを獲得するため、ビッグバイクを好まない一部のユーザーに向けて、より小さくて軽い小排気量のバイクを必要としていました。125ccの単気筒エンジンを搭載したS-125は、優れた耐久性と多くの生産台数を約束しました。S-125は、1947年にミルウォーキーで開催されたディーラーミーティングで初めて披露され発表年の1947年から生産を開始し、初年度には約10,000台が生産されました。リジットフレームにはガーターフォークを装着し、S-125はより大きなルックスになりました。また、タンクバッジにビッグツインモデルと同じ物を使用したことによって、FLやELにひけを取らない堂々としたスタイルになりました。単気筒でおよそ2馬力しか出すことができませんでしたが、ライダーと車体が走るには充分な馬力がありました。

ハーレーダビッドソン・1948S-125

1948年にハーレーのラインナップに加わった小排気量のS-125。このS-125の発売は、ショールームに新しいユーザーを招き入れることにつながりました。

1948 harley-davidson s-125.jpg

1948 harley-davidson s-125_3.jpg

年式
1948年
モデル
S-125
エンジン
シングルシリンダー 125 cc

前のページへ

次のページへ

スポンサードリンク

ページの先頭へ



サイト内を検索する