【ハーレーの名車・歴史】1961 FLH

ハーレーの名車と歴史

1961 FLH

前のページへ

次のページへ

新しいタンクグラフィックとハイレベルな装飾

1961 FLH・タンクFLの販売が順調に続いたことにより、ハーレーダビッドソンは1961年の間は、大部分のモデルをそのままラインナップに載せ続けることができました。しかし、彼らはさらに高い目標を達成するために、若干の変更を加えました。時々不規則な動きになったり、燃料を無駄に消費してしまうイグニッションは、より強くて信頼性の高いデュアルポイント点火システムに変更されることになりました。カラー変更とオイルタンクのFLHバッジの変更と共に、1961年のFLHには他のバージョンのキャストタンクバッジが取り付けられました。1961年のFLHの価格は前年よりも25ドル高く設定されました。そしてこの頃ハーレーは、アメリカの海岸に輸入されるアジア製バイクに驚異を感じ始めるようになっていました。この年、ウイリアム・H・ダビッドソンがイタリアのアエルマッキ社の会長に就任し、事実上買い取りという形になりました。

ハーレーダビッドソン・1961 FLH

1961年に再びカラーの修正が加えられ、タンクに描かれたストライプはその年のモデルが注目されることにつながりました。

年式
1961年
モデル
FLH
エンジン
ツインシリンダー 74 cubic inch

前のページへ

次のページへ

スポンサードリンク

ページの先頭へ



サイト内を検索する