【ハーレーの名車・歴史】1964 XLCH

ハーレーの名車と歴史

1964 XLCH

前のページへ

次のページへ

優雅なバーチホワイトのサイドパネル

1964 XLCHハーレーダビッドソンはXLCHをトップモデルとしてリストに上げ、1964年のカタログにはXLの中でも2バージョンだけがラインナップに残されることになりました。その2バージョンはXLCHの莫大な制動力を強化するために、前後ともフルワイドのアルミ製フロントドラムブレーキが装着されました。全体的な外観を明るくするために、今まで黒い塗装で仕上げられていたロアフォークブラケットを、前もってクロム仕上げにしました。エンジン内部にはアルミニウム製のタペットが使用され、クラッチシールにポリエチレンアクリル素材を使用することで品質が向上されました。また、バーチホワイトのサイドパネルが、XLCHのフューエルタンクを優雅に感じさせました。このバーチホワイトのカラーリングは評判が良く人気がありました。

ハーレーダビッドソン・1964 XLCH

1964年モデルのXLCHではタンクの新しいカラーリング以外はなにも変更がありませんでした。

年式
1964年
モデル
XLCH
エンジン
ツインシリンダー 55 cubic inch

前のページへ

次のページへ

スポンサードリンク

ページの先頭へ



サイト内を検索する