【ハーレーの名車・歴史】1965 FLHB

ハーレーの名車と歴史

1965 FLHB

前のページへ

次のページへ

電気式(セルフ)スターターのを採用したモデル

1965 FLHB・フロントフェンダー1965年のエレクトラグライドが登場するまで、ハーレーはキックペダルを使って始動させていました。しかし、1965年のエレクトラグライドは、ハーレー初の電気式(セルフ)スターターを搭載したビッグツインモデルとして登場しました。ボタンを押すだけで74キュービックインチのエンジンを始動できるようになり、新しいレベルの快適装備が搭載されることになりました。エレクトラグライドの生産台数は2倍近くに増え、結果として電気式(セルフ)スターターの価値の高さを証明するになりました。エレクトラグライドは4タイプのバリエーションで販売され、セルフスターターはハーレー社内でも高い評価を得ました。セルフスターターはFLファミリーにのみ追加された特徴でしたが、後にハーレーが生産したあらゆるバイクに搭載されるようになりました。電装類は12Vとなり、6Vのバッテリーを直列にして使用していました。ハーレーは次世代のVツインエンジンに土台を作り、1965年はパンヘッドエンジンの最終年になりました。1967年にはスポーツスターにも電気式(セルフ)スターターが搭載されます。電気式(セルフ)スターターの装備は、流入してくる日本製のバイクに顧客が流れていくことから、ハーレーを守ることにつながりました。

ハーレーダビッドソン・1965 FLHB

1965年は電気式(セルフ)スクーターモデルの時代の到来を告げる年であり、それは同時にパンヘッドエンジンの最後の年にもなりました。

年式
1965年
モデル
FLFB
エンジン
ツインシリンダー 74 cubic inch

前のページへ

次のページへ

スポンサードリンク

ページの先頭へ



サイト内を検索する