【ハーレーの名車・歴史】1966 FLHFB

ハーレーの名車と歴史

1966 FLHFB

前のページへ

次のページへ

ショベルヘッドエンジンの登場

1966 FLH1903年の会社創設以来、バイク業界で有力であったハーレーダビッドソンは、この時アジアから輸入されるバイクにプレッシャーを感じていました。当時ハーレーダビッドソンはハードウェアとメインの顧客をアジア地域にかなり頼っており、1965年に登場した最新の電機式(セルフ)スターターを採用するために、新しいエンジンの開発を計画していました。パンヘッドエンジンが成功したことをもとに、ハーレーはシリンダーヘッドの新しいセットを既存の腰下(クランク)に適応させショベルヘッドエンジンを作り出しました。ショベルヘッドエンジンはアルミ製シリンダーヘッドのカープしている形が掘削道具のショベルに似ていることからそう呼ばれ、パンヘッドよりも馬力が10%アップし、エンジン音がより静かになりました。リンカート社製のDCキャブレターは、燃料と空気をよりよく混合させるために採用され、パフォーマンスをアップさせる結果へとつながりました。これらの車両がディーラーへ到着すると同時に、FLBやFLHBは飛ぶように売れていきました。その結果、日本のオートバイでさえ、歴史に名高いハーレーとその象徴であるオートバイから、ユーザーを遠ざけることはできなませんでした。

ハーレーダビッドソン・1966 FLH

ショベルヘッドエンジンのエレクトラグライドはハードケースのサドルバッグやフロントスクリーン、パティシートが装備されているため、週末の旅行を快適に過ごすことができました。

年式
1966年
モデル
FLHFB
エンジン
ツインシリンダー 74 cubic inch

前のページへ

次のページへ

スポンサードリンク

ページの先頭へ



サイト内を検索する