【ハーレーの名車・歴史】1968 XLCH

ハーレーの名車と歴史

1968 XLCH

前のページへ

次のページへ

より小さなピーナッツタンクが装着された1968 XLCH

1968 XLCH・ピーナッツタンク1968年に起こった最も劇的な変化と言えば、新しい共同経営者としてAMFが加わったことです。成功を収めた後、ハーレーは自分たちがマーケットシェアを持ち続けていて、アメリカで売られている日本製バイクに急激に売り上げ台数を縮められて負けていることに気づいきました。ビッグツインモデルにショベルヘッドを搭載し、性能アップを図ったハーレーダビッドソンは、AMFの傘下となって生産設備を拡大していきました。AMFの豊かな経済力によって、初めは恩恵が続くかのように見えましたが、後にそれはだまされているということがわかりました。1968年のXLCHとXLHの進歩は最小限でしたが、フロントフォークのダンピングが改良され、トラベル量が増加しました。XLHはキックスターターペダルが外され、セルフスターターのみの装着になりましたXLCHにはより小さなピーナッツタンクが装着されました。排気量が小さなモデルであるにもかかわらず、XLCHは当時のハーレーの中で2番目に売れているモデルでした。

ハーレーダビッドソン・1968 XLCH

アジアとの競争が進んでいた時も、1968年モデルのXLCHはハーレーにとって最高の売れ筋商品であり、代表するモデルでした。

年式
1968年
モデル
XLCH
エンジン
ツインシリンダー 55 cubic inch

前のページへ

次のページへ

スポンサードリンク

ページの先頭へ



サイト内を検索する