【ハーレーの名車・歴史】1971 FX

ハーレーの名車と歴史

1971 FX

前のページへ

次のページへ

FLのフレームに、より高性能なXLのサスペンションを組み合わせた新モデル

1971 FX・ショベルヘッド1971年にハーレーは小さなXLモデルと大きなFLBの間を取った、全く新しいFXモデルを発表しました。XLのサスペンションを装着したFLフレームのFXをラインナップに加えることが、より多くの顧客にアピールできる最も良い方法であることを望んでいました。1970年モデルのスポーツスターに初めてオプションで用意されていたボートテイルリアフェンダーがFXにも装着されることになりました。スタイルが独特であったため、FXのデザインはすぐには受けいられませんでした。しかしハーレーダビッドソンは「伝統的なスタイルから脱却することで、新たなチャンスをつかむ」と言う挑戦的な声明を発表しました。新しいスーパーグライドはビッグツインのFLよりも70ポンド軽く、同じ74キュービックインチのショベルヘッドに比べてスピードも出ました。カスタマイズプームに応じて登場したこのスーパーグライドにより、今日のクルーザーというカテゴリーが誕生しました。

ハーレーダビッドソン・1971 FX

FLのフレームに、より高性能なXLのサスペンションを組み合わせて1971年にFXが新登場しました。

年式
1971年
モデル
FX Super Glide
エンジン
ツインシリンダー 74 cubic inch

前のページへ

次のページへ

スポンサードリンク

ページの先頭へ



サイト内を検索する