【ハーレーの名車・歴史】1975 SS-250

ハーレーの名車と歴史

1975 SS-250

前のページへ

次のページへ

オンロードとオフロードの両方の能力を兼ね備えたモデル

1975 SS-250・エンジンハーレーダビッドソンはさらに多くのライダーにハーレーを乗ってほしいと思い、小排気量で速い車両を作り続けました。SS-250は初期に作られたSS-175の排気量をアップしたバージョンで、ストリート仕様として作られました。オンロードとオフロードの両方の能力を欲しがっていた人々にとって、SX-250はまさにぴったりの車両でした。250ccの2ストロークエンジンは、優れたフレキシビリティとレスポンスを実現するために、5速のギアボックスが搭載されました。初年度は大ヒットとまではいきませんでしたが、SS-250は多くのライダーの要望を満たし、溝足させる結果になりました。また、ディーラーから多くのオプションパーツも販売されました。

ハーレーダビッドソン・1975 SS-250

オンロード仕様で作られた1975年のSS-250はハーレーファミリーの新しい顔になりました。

年式
1975年
モデル
SS-250
エンジン
シングルシリンダー 250cc 2ストローク

前のページへ

次のページへ

スポンサードリンク

ページの先頭へ



サイト内を検索する