【ハーレーの名車・歴史】1977 MX250

ハーレーの名車と歴史

1977 MX250

前のページへ

次のページへ

2年で市場から消えたハーレーのオフロードバイク

ハーレーダビッドソン・オフロードバイクモトクロスクラスに支持されるAMAに興味を持っていたため、ハーレーダビッドソンはモトクロス市場に参入することを決めました。100台のMX250は1977年にショールムに並ぶ前に、1976年に生産され、テストされました。ハーレーのパートナーであるイタリアのアエルマッキ社が生産した2ストローク249ccのエンジンによって、MX250はダート走行で賞賛される走りを可能にすることができました。MX250の重量はわずか233ポンドで、軽快なハンドリングを実現することができました。ハーレーダビッドソンにとっては悲しいことでありましたが、日本製オートバイの流入はストリートモデルに限らず、オフロードモデルも入って来るようになっていました。そのオフロードモデルのセレクションや価格、特徴はMX250よりもはるかにユーザーの人気を得ていたため、MX250はたった2年で市場から消えることになりました。

ハーレーダビッドソン・1977 MX250

2ストローク250ccの構成により、MX250のエンジンは充分なパワーを発揮しました。しかしアジア車の輸入によって、すぐに人気が無くなってしまい、売れなくなってしまいました。

年式
1977年
モデル
MX250
エンジン
シングルシリンダー 249cc 2ストローク

前のページへ

次のページへ

スポンサードリンク

ページの先頭へ



サイト内を検索する