【ハーレーの名車・歴史】1977 XR-750

ハーレーの名車と歴史

1977 XR-750

前のページへ

次のページへ

今なお多くのファンを魅了するXR-750

1977 XR-750・ダートトラックレース10年経った後もXR-750はアメリカ中のサーキットでその強さは健在でした。まず初めに、フラットトラックを走るために造られ、XR-750通年で様々なレースに使用されました。日本製オートバイによる猛攻撃でさえXR-750を破れない時がありました。その主な理由の一つは低重心とすばらしいパワーと言えました。また、優れたトラクション性能がダートトラックレースでのすばらしい活躍を可能にさせました。このXR-750はペダルが左右逆でした。結局、伝説的なXR-750の活躍は最新のマシンが登場したことによって影を落とすこととなってしまいます。しかし、その名は永遠に歴史に残り、今なお多くのファンを魅了しています。

ハーレーダビッドソン・1977 XR-750

XR-750は1977年のダートトラックレースシーンにおいて、強さを維持し続けました。

年式
1977年
モデル
XR-750
エンジン
ツインシリンダー 45 cubic inch

前のページへ

次のページへ

スポンサードリンク

ページの先頭へ



サイト内を検索する