【ハーレーの名車・歴史】1989 FXRP

ハーレーの名車と歴史

1989 FXRP

前のページへ

次のページへ

警察機関で公式に使われる特別仕様車

ハーレーダビッドソン・警察仕様既存のFXRモデルをベースとして、ハーレーダビッドソンは警察機関で公式に使われる特別仕様車を生産しました。FXRPの仕様は一般のFXRとほとんどの点で同じでしたが、違反を取り締まるために「警察特別仕様」とケースに描かれた公認の速度計を備えていました。また警察仕様というその限られた用途によって、FXRPは警察車両が必要とする幅広い装備を搭載することができました。無線機、サイレン、ライト、ケースを装備した車体は、路上パトロールを迅速に行なうのに完璧な乗り物でした。一般車は路上で使われるのに対し、FXRPの多くはパレードを見守り、路上を見回るための乗り物であり、4ドアセダンのパトカーと並んで犯罪を取り締まりました。

ハーレーダビッドソン・1989 FXRP

1984年のモデルから搭載されたハーレーの∨ツインエンジンの最新型は、頑丈で信頼性の高い、以前のショベルヘッドからのアップグレードであると分かりました。

年式
1989年
モデル
FXRP
エンジン
ツインシリンダー 80 cubic inch

前のページへ

次のページへ

スポンサードリンク

ページの先頭へ



サイト内を検索する