【ハーレーの名車・歴史】1993 FLSTN

ハーレーの名車と歴史

1993 FLSTN

前のページへ

次のページへ

「カウグライド」が愛称のFLSTN

エボリューション・1993 FLSTN1993年は、ハーレーが90年間途切れることなくバイクを生産し続けた年として、特別の意味を持って迎えられました。大方の予想通り、他の何台かの特別仕様車シリーズと同じく、記念すべき年を表すグラフィックが施されて販売されました。FLSTNは「カウグライド」という愛称を持ち、シートとサドルバッグにホルスタイン種の毛草が使われていました。そして味わい深い使い心地がこの車両の特徴でした。公式名称は「ノスタルジア」でしたが、「カウグライド」のほうがずっとユーモラスであり、親しみを感じることができたかもしれません。ハーレーはミルウォーキーにて、壮大で愉快な記念式典を開催し、ハーレーを愛する10万人以上のフアンが結集しました。それは見方を変えれば、アジア地域で支持を獲得しようとするハーレーの経営努力が、当地において目に見えない利益をもたらしているようでもありました。

ハーレーダビッドソン・1993 FLSTN

FLSTNだけに用いられたツートーンの毛革が使用されたシートとサドルバッグは、黒白の車体カラーの特徴を際立たせました。

年式
1993年
モデル
FLSTN"Nostalgia"
エンジン
ツインシリンダー 80 cubic inch

前のページへ

次のページへ

スポンサードリンク

ページの先頭へ



サイト内を検索する