ハーレーのシャシー(フレーム・スイングアーム)

ハーレーダビッドソン.com

基本骨格「シャシー」を学ぶ。

ハードテイル・リジッドフレームなどと聞いてもよくわからない人もいると思いますが、このページを読めば大丈夫です。ここでは、ハーレーダビッドソンの基本骨格「シャシー」について紹介していきます。

リジッドフレームは「ハードテイル」とも呼ばれる

「シャシー」というのはフレーム+スイングアームの総称で、そこにサスペンションやホイールが付いたものは「ローリング・シャシー」と呼ばれます。ハーレーのフレームは基本的にリアサスを持たない「リジッド」に始まり、ビッグツインは1958年のデュオグライドから、スポーツスター系は1952年のモデルKからスイングアーム付きのものが採用されています。リジッドフレームは「ハードテイル」とも呼ばれ、84年に発表された「ソフテイル」(つまりソフトテイル)はハードテイルを意識して名付けられました。

フロントフォークについて

フロントフォークは、ヨンパチと呼ばれる1948年式のパンヘッドまでスプリングが剥き出しの「スプリンガー」が採用されていました。49年からは「グライドフォーク」と呼ばれる現代主流のテレスコピック式に変更。しかし88年に登場した「スプリンガー・ソフテイル」には、その名のとおり最新型のスブリンガーフォークが採用されています。リジッドフレーム+グライドフォークの組み合わせのピソグツイン(49年から57年まで)を「ハイドラクライド」(ハイドラ=油圧/グライド=滑る)、スイングアームフレーム+クライドフォークのマシン(58年から64年まで)を「デュオクライド」(デュオ=2つ)と呼びます。

ハーレーダビッドソンのフレーム

ハーレーダビッドソン・WLフレーム

WLのフレーム

ネックの部分がガチョウの首のようにでていることから「グースネック」と呼ばれています。WLフレームはタンクのラインに合わせてやや猫背でエンジンの下周りは1本のパイプで支えられている。シンプルなフレームですが、パイプとラグが半分、半分なので意外に重量があります。

ハーレーダビッドソン・ナックルフレーム

ナックルフレーム

OHVのナックルエンジンの開発にともない背の低いフラットエンジン用であったWLフレームから作りかえなくてはならなくなり、ダブルクレードル、リジッドフレーム=ナックルフレームの誕生となりました。この時代からリジッドフレームの基本は出来上がっていたと言えます。

ハーレーダビッドソン・デュオグライドフレーム

デュオグライドフレーム

第二次世界大戦後に続々とトライアン・BSA・ノートンといったヨーロッパのバイクが入ってきました。軽い車体に前後のサスペンション、高出力エンジンは全米に広がりました。危機感を感じたハーレー社が開発してできたのがこのデュオグライドフです。

FXRフレーム

FXRフレーム

デュオグライドフレームが発表されてからから24年後、それまでのパイプワークのフレームを捨てさり、ハーレー車が最強のフレームとして開発したのがこのFXRフレームです。メインパイプには、ねじれに強い角型パイプを使っています。

ソフテイルフレーム

ソフテイルフレーム


もともとソフテイルフレームは町のカスタムショップが開発したフレームでした。ハーレー車がパテント料を払い、色々なアイデアを加えて生産ラインに乗せました。このように他のフレームとは違うユニークな生まれ方をしたのがソフテイルフレームです。
このフレームはエボリューションエンジンとのマッチングでいろいろなモデルを作り世界中で大ヒットをしてハーレーブームを巻き起こしました。

スポンサードリンク

ページの先頭へ



サイト内を検索する