ハーレー・チョッパー(スタイル・カスタム)

ハーレーダビッドソン.com

チョッパーについて学ぶ

好きな人にとっては最高な乗り物、興味のない人にとっては最低最悪の乗り物、それがチョッパースタイルです。奥深きハーレーダビッドソンのチョッパースタイルについて紹介していきます。

チョッパーとは?

そもそも、チョッパーとは何でしょう?フロントフォークがやたらと長いオートバイ?もちろんそれはチョッパーですが、それだけがチョッパーというわけではありません。チョッパーの語源は「チョップ=ぶった切る」。つまりノーマルの部品をぶった切って作ったオートバイのことを指します。そう考えるとボルトオンではないワンオフパーツや加工が施されたカスタムバイクも、広い意味ではすべてがチョッパーと言うこともできます。

チョッパーの始まりについて

ハーレー・チョッパースタイルチョッパーはアメリカで作られた乗り物ですが、その始まりは1960年代になります。その頃のアメリカでオートバイと言えば、重くてゴツくて遅いハーレーと、軽くてスリムでパワフルなイギリス車が中心でした。一部のマニアックなハーレー好きが軽快なバイクを作ろうと重ったるいフェンダーを切ったり英車のフェンダーに交換したり、タンクを小ぶりなものに替えたり細いフロントホイールを履かせたりしたのがチョッパーの始まりで、それがホットロッドなどとリンクしながら進化してきたと言う説があります。あるいはアウトローたちがバイクを盗み、それを持ち主に気付かれないためにパーツを取っ替えたという説があります。おそらく答えはひとつではなく、どちらも真実なのでしょう。

理屈を語る必要のない乗り物こそが「チョッパー」

チョッパーのバイクが何故フォークがあれほど長いのかはよく分かりません。理屈を語る必要のない乗り物こそが「チョッパー」なのでしょう。チョッパーという乗り物を世界に知らしめたのほ、何と言っても1968年に公開された映画「イージーライダー」そこではハーレーダビッドソンのチョッパーが、既存の社会や価値観を良しとしない若者たちの象徴として措かれ、世界で共感を呼びました。その当時にチョッパーの最先端を行っていたのが、ロサンゼルスにあったデンバー・チョッパーです。長いフォークと小さなタンクに段付きシート、シッシーバーの典型的なチョッパーは「デンバー・スタイル」と呼ばれるほどです。

チョッパー・デンバースタイル

デンバースタイル

かなり長めにストレッチされたフロントフォークにプリズミックタンクを乗せたリジッドフレーム、エンジンを強調したスリムなスタイルがデンバースタイルの基本。LAのSHOP"Denvers"で生み出されたスタイル。

チョッパー・LAスタイル

LAスタイル

リジッドフレームのネック角を寝かして長めのフロントフォークを付け、外装パーツをシンプルにしたスタイル。日本ではLAスタイルと呼ばれていますが、アメリカではシンプルにチョッパーと呼ばれています。

チョッパー・ストリートドラッグ

ストリートドラッグ

0~400mを競うドラッグレースをイメージさせるスタイル。スイングアームやフレームをストレッチさせてロング&ローを強調してフロントフォークはストックのままでレイクする。直線では負けなしのスタイル。

チョッパー・ディガースタイル

ディガースタイル

ネックを寝かして前へストレッチして細めで長めのフォークを付けたのがディガースタイルスタイル。ディガーとは「墓掘り人」という意味で、乗った姿の背中が曲がったイメージから付けられた名前です。

市民権を得てカスタムバイクとして定着

本来は社会からドロップアウトした人たちの乗り物だったチョッパーですが、アレン・ネスやらベイエリア・カスタムサイクルス(BACC)といったサンフランシスコのビルダーが精力的にチョッパーを作り始めた頃から、今のカスタムバイク的な色合いが濃くなっていきます。要するに市民権を得たわけです。チョッパーには本当に様々なスタイルが存在しています。ロングフォークや工イプハンガーは今でこそ見慣れて当たり前に感じはしますが、何十年も前に初めて作った人達は一体何を考えていたのかはわかりません。この発想の自由こそが、まさしくアメリカそのものなのでしょう。

スポンサードリンク

ページの先頭へ



サイト内を検索する