ハーレーダビッドソン・パンヘッド

ハーレーダビッドソン.com

パンヘッドを学ぶ

ビンテージと呼ばれるハーレーダビッドソンの中でも、一番人気があるのがパンヘッドだと言われています。1948年から1965年まで作られた、モダンとレトロが同居するパンヘッドについて紹介していきます。

パン=鋼のような形状をしたロッカーカバーが由来される呼び名

エンジン・パンヘッドパンヘッドはナックルの後継エンジンとして1948年に登場。つまりハーレーダビッドソンのOHVビックツインとしては第二世代ということになります。パンヘッドは知られている通り、パン=鋼のような形状をしたロッカーカバーからつけられた呼び名です。日本ではビンテージとして扱われていますが、アメリカではナックルヘッド以前のモデルをビンテージと捉える人が多いみたいです。パンヘッドはビンテージというよりもクラシックと呼んだ方がしっくりくるかもしれません。鉄ヘッドのナックルからアルミ合金製シリンダーヘッドを採用したことがパンヘッド最大の特徴で、1000ccのELと1200ccのFLというラインナップはナックルヘッドと変わりません。

日本で絶対的に支持される1948年式モデル「ヨンパチ」の魅力

パンヘッドが世に送り出された1948年式モデルは通称「ヨンパチ」と呼ばれ、日本ではビンテージハーレーの中でも最も人気が高く、その理由として48年に発売されたパンヘッドはナックルのスプリンガーフォークをそのまま使用しており、49年以降はテレスコピックと呼ばれる現代風のグライドフォークに変更されたことが大きいと言われています。1948年式モデルの見た目からしていかにも古めかしいスプリンガーは、ビンテージ感たっぷりでそれがハーレーファンを魅了しているのです。

通称「ヨンパチ」人気が高いビンテージモデル

通称「ヨンパチ」、パンヘッド発売初年度の1948年製のモデル。最も人気が高いビンテージモデル。

ハーレーダビッドソン・パンヘッド1948年

ナックルヘッドのシャーシーにパンヘッドを搭載したモデルの販売は48年の1年間のみ。美しいスタイルが特徴。

歴史的見地からもパンヘッドは非常に重要な意味を持つモデル

49年にグライドフォークが採用されたのに続き、58年にはリアサスペンション式のスイングアームフレームが登場しました。それまではハードテイルと呼ばれるリアサスのないリジッドフレームが使用されていました。ハーレーダビッドソンはパンヘッドの時代に現代のモダンなモーターサイクルの基礎を固めったといっても過言ではありません。歴史的見地からしてもパンヘッドは非常に重要な意味を持つモデルと言えます。ちなみにグライドフォークとリジッドフレームのモデルを「ハイドラグライド」、リアサスが取り付けられたモデルを「デュオグライド」と呼びます。ヨンパチは別格として、パンヘッドの人気はやはりリジッドフレームのハイドラグライドに集中しているのが現状です。しかしながらデュオグライドは乗ってみるとわかりますが、本当に走り具合の良いバイクであることに驚かされます。長距離を走るのが好きな旧車ファンはデュオグライドに目を向けてみるのも良いかもしれません。

パンヘッド・1949 GLIDE FORK

1949 GLIDE FORK

パンヘッド・1958 DUO-GLIDE

1958 DUO-GLIDE

パンヘッドの歴史

1948年
1948年式モデルは通称「ヨンパチ」の誕生。
(ナックルのスプリンガーフォークをそのまま使用)
1949年
ハイドラグライドの誕生(油圧式のテレスコピック式フォークの採用)
1950年
吸気ポートの拡大によって、出力向上、55馬力になった
1952年
ハンドシフトから、FL系としては初のフットチェンジに変更を受ける。

※1,000ccのELシリーズが生産中止

1955年
スポーツタイプのFLH1200が登場

※最高出力は60ps/5,400rpm、最大トルクは8.98kgm/3,200rpm

1958年
デュオグライドの誕生。

※リアサスペンションをリジッドタイプから、ショックアブソーバーを装着した『スイングアーム』式に変更

冷却効果をあげるために、シリンダーヘッドのフィンを大きくした。

1964年
シリンダーヘッドのロッカアーム部への給油方法を大幅に変更。
1965年
エレクトラグライドの誕生

※セルモーターが搭載されたため、”エレクトラ(キック始動ではなく、電気式での始動という意味)”となった。

スポンサードリンク

ページの先頭へ



サイト内を検索する